Prints and Illustrated books of the world Gallery KAWAMATSU  
2-12-1 Kanda-jinbocho, Chiyoda-ku,Tokyo
101-0051 JAPAN   
TEL:+81 (0)3 3265 3030 /FAX:
+81 (0)3 3265 3040  
 
E-mail:info@gallery-kawamatsu.com  

画廊紹介  ヒストリーオブギャラリーかわまつ  取扱い作品(一部)  世界の挿画本  ご購入に際して 

 

 

Pick up- 2019年冬号 作品目録掲載作品展  12.2 - 12.27


photo

左奥:アガム「+-x9」

(左上)マウマウ「ステレオ・フォックス」、(左下)ホックニー「(ブルー・ギター)ブルーギターのうなり」

(右)篠田桃紅「Sailing」

Jacob Agam<+-x9>, Maumau <Stereo Fox>, David Hockney<Blue Guitar>, Toko SHINODA <Sailing>

過去の展示:2019 / 2017-2018 /2013-16

 


----------------------------------1F------------------------------


 

ディヴィス「虹のある風景」
クレメンテ「知ってること全て」
クレメンテ「聖ヴィンセント」

クラッグ「傾聴者 黄」「傾聴者 黒」
デュビュッフェ「監督」

ベントン「懐かしの我が家へ」
ルオー「横向きの裸婦」
キリコ「エプドメロス」

ドービニー 「果樹園」、
  ラブルール 「アルトワの春」
ドイル「踊る妖精たち」「眠る妖精たち」


Richard DAVIES, Francesco CLEMENTE
Tony CRAGG, Jean DUBUFFET
Thomas BENTON, Georges ROUAULT, Giorgio de CHIRICO
Francois DAUBIGNY, Jean=Emile LABOUREUR, Richard DOYLE,

photo

photo

 

オットー・シェイド 「ロンドン・スマイリー」 


岡本太郎「人間と自然」
「人間と海」

マウマウ「熱帯雨林計画」「愛に国境はいらない」「飼い狐に腕をかまれる」

カルダー「蝶と螺旋」

 

Otto Schade, Taro OKAMOTO, MauMau, Alexander CALDER


荒川修作「意味されるもの またはもしも」

ルオー 「ミゼレーレ」

ダリ「ゼブラン」

 

Shusaku ARAKAWA, Georges ROUAULT, Salvador DALI

photo

photo

(左)
李 禹煥 「港より」
浜田知明 「鳥」
福井良之助 「漂う木片」  

(中央)
長谷川潔 「卓上の人形」
柄澤斎 「ラビリンス」
久野真 「鋼鉄による作品」

(右)
深澤幸雄 
「雨神」
アントニオ・セギュイ 「Mon Foie? Connais Plus!」


LEE U-FAN
, Chimei HAMADA, FUKUI

Kiyoshi HASEGAWA, Hitoshi KARASAWA, SHIN KUNO

Yukio FUKASAWA, Antonio SEGUI

   

 


-----------------------------------------------------------

 

企画展以外は、随時掛け替えを行っています。作品のお問い合わせはこちらまで

トップページへ戻る

Pick Up- Dreamtime 11.16-30U


image

左: (左)ウォッツ「希望」、(右)リチャード・ディビス「秋の大通り」
Watts<Hope>, Richard DAVIES <Le Boulvard en Automne>

過去の展示:2019 / 2017-2018 /2013-16

 


----------------------------------1F------------------------------


ポール・デルヴォー 「パイオリーブ」
Paul DELVAUX <Paiolive>

image

image

 

左から

チャード・ディビス「エトルリア・エトルリア
Richard DAVIES<Etruria, Etruria>

牧野良幸「(変身)グレゴールを見て怒鳴る三人の間借り人」
Yoshiyuki MAKINO <From The?Metamorphosis

ゴヤ「(気紛れ)どんな病気で死ぬのだろうか?
Fancisco GOYA<from Los caprichos 'De que mal morira?'>

ルドン「黒い峰」
Odilon REDON <Cime noire>


リチャード・デイヴィス「向こう岸へ」
Richard DAVIES<Vers une autre Rive>

image

image

(左)リチャード・デイヴィス「河」
Richard DAVIES<La Fleuve>

(右)リチャード・デイヴィス「或る旅芸人の運命について」
Richard DAVIES<Du Destin d'une petite Foraine>


デルヴォー「手鏡」
Paul DELVAUX<Les Miroirs>

image

image

(左)リチャード・デイヴィス「虹のある風景」 (仮題)」
Richard DAVIES<Paysage >

(中央)リチャード・デイヴィス
「男」(仮題)
「自画像」

Richard DAVIES
<Homme>
<Autoportrait>

(右)リチャード・デイヴィス「シルバー・ムーン・メモリーズ」
Richard DAVIES<Silver Moon Memories>

   

 

企画展以外は、随時掛け替えを行っています。作品のお問い合わせはこちらまで

トップページへ戻る


-----------------------------------------------------------

 

 

Pick Up - 10月上旬 常設展

5L

<ショーウィンドウ>


左: (上)エリック・デマジエール「ミネルヴァの鳥」、(下)フランソワ・ウータン「最後の舞」
Erik Desmazieres <L'Oiseaux de Minerve>, Francois HOUTIN <L'Ultime Danse>

右: 馬場檮男 「大きなリボン」

過去の展示:2019 / 2017-2018 /2013-16

 


----------------------------------1F------------------------------


ポール・デルヴォー 「機関車」
Paul DELVAUX <Locomobile>

1

3

 

(左)長谷川潔 「木と月」
Kiyoshi HASEGAWA <L'Arbre et La Lune>

(右)ジャン=エミール・ラブルール「アルトワの春」
Jean-Emile LABOUREUR 〈Le Primtemps en Altois>(2eme etat)

(左から)



エリック・デマジエール「レンブラントハウス 蒐集室」
Erik DESMAZIERES <Rembrandts Kunst Caemer>


ジェラール・トリニャック「遍歴の騎士」
Gerard TRIGNAC <Chevalier errant>


浜田知明「グランプラス」
Chimei HAMADA<Grand Place>

2

4

(左)ニック・ウォーカー「モーニング・アフター・サンタモニカ」
Nick WALKER <TMA ST.MONICA>

(右)ロームカウチ「エモーショナル・レイン」
Roamcouch <Emotional Rain>

   

 


-----------------------------------------------------------

 

 

Pick Up - 2019.9.14(sat) ― 28(sat) MAU MAU "KOFUH-KAISEI" -

maumauL

<ショーウィンドウ>


ウィンドウ左: 「BITE THE HAND THAT FEED」 飼いギツネに腕を噛まれる

ウィンドウ右: 「FOX-SAI HANGA」 狐斎(ふぉくさい) 版画

先週以前の展示はコチラ

 


----------------------------------1F------------------------------


maumau


「LOVE HAS NO BORDER」
愛に境界はいらない


-------------------------------------------------------------------------


「RED BARON FOX」 赤い男爵 

maumau

maumau

 

「FOX-SAI」 狐斎(ふぉくさい)

 

maumau

「RED BARON FOX 赤い男爵

-----------------------------------------------------------

Pick Up - 2019年9月初旬 常設展  -


<ショーウィンドウ>

左ウィンドウ:  ヴァザルリ 「Dyss」、   (壁:Stick) 
 
右ウィンドー: 安原喜明 「花器」、 インド仮面 、(Murmure street ) 、
アフリカ木彫

-------------------------------------------------------------------------

左から (上) デュシャン 「ケストナー協会展覧会ポスター」 

(下)ロナルド・サール「グリーン・ベジタブル・シティ」」

ウォーホール(Sunday B Morning)
「キャンベルスープ トマト缶」

image

image

 

(左から)

Otto SCHADE 「Jack the Ripper」

JR 「I AM A MAN」

 

 

 

Pick Up - 2019年7月下旬 常設展  -

image

ショーウィンドウ

左より  マグリット 「アルンハイムの領地」より、   ニック・ウォーカー 「MONA SHOT」



 

 


----------------------------------1F------------------------------


image


会場風景


--------------------------------------------------------------------
-----

iamge

バーン=ジョーンズ 「甘美なる草原」

クノップフ 「仮面」

image

image

上: 加納光於 「青い鈴」

下: 高松次郎 「雲の波、そして天の浮橋」

マン・レイ 「大人のアルファベット」

image

image

JR 「I AM A MAN」

清塚紀子 「微風1992(灰)」

image

-----------------------------------------------------------

Pick Up - 2019年7月13日〜22日 「OTTO Schade's KALEIDO SCOOPIN’」展  -


ショーウィンドウ

左より  オットー・シェード  「HURRY UP MOTHER F*CKER」、 「CHILLING OUT」

以降、作品はすべてオットー・シェード

 


----------------------------------1F------------------------------




会場風景


--------------------------------------------------------------------
-----

左: 「THE BELIEVERS」

右: 「SCISSOR, PAPER & ROCK」

「JACK THE RIPPER 2040」

「SAY IT WITH FLOWERS」

「DEVOLUTION」

左右とも: 「CHILLING OUT」

 

-----------------------------------------------------------

 

Pick Up - 2019年6月22日〜7月6日 「M.C.エッシャーの寓意画」展  -


ショーウィンドウ

左より  M.C.エッシャー 『寓意画(エンブレマータ)』より 「凧」、「蛙」

以降、作品はすべてM.C.エッシャー



 


----------------------------------1F------------------------------




会場風景


--------------------------------------------------------------------
-----

左: 『寓意画(エンブレマータ)』より 「日時計」

右: 『寓意画(エンブレマータ)』より 「隠れ家」

左: 『寓意画(エンブレマータ)』より 「蝶」

右: 『寓意画(エンブレマータ)』より 「蜜蜂の巣箱」

左: 『寓意画(エンブレマータ)』より 「栗鼠」

右: 『寓意画(エンブレマータ)』より 「如雨露」

「昼と夜」

左: 『寓意画(エンブレマータ)』より 「かなとこ」

右: 『寓意画(エンブレマータ)』より 「花」

 

-----------------------------------------------------------

 

Pick Up - 2019年6月11日〜20日 「ウォーホル、日曜日の懺悔」展  -


ショーウィンドウ

壁面  アンディ・ウォーホル  「マリリン・モンロー(黒)」(サンデ-・モーニング版)



 


----------------------------------1F------------------------------




会場風景


--------------------------------------------------------------------
-----

左: アンディ・ウォーホル 「キャンベル・スープ(ショッピン・グバック)」

右: ニック・ウォーカー 「CANS YELLOW」

左: アンディ・ウォーホル 「キャンベル・スープ ビーフ」(サンデ-・モーニング版)

中: アンディ・ウォーホル 「キャンベル・スープ チキン・ヌードル」(サンデ-・モーニング版)

右: アンディ・ウォーホル 「キャンベル・スープ ベジタブル」(サンデ-・モーニング版)

左右とも: アンディ・ウォーホル 「叫び」(サンデ-・モーニング版)

4点とも: アンディ・ウォーホル 「$」(サンデ-・モーニング版)

スタティック 「ANDY-STARDOM」

 

-----------------------------------------------------------

 

Pick Up - 2019年5月25日〜6月8日 「牧野良幸のながほそい世界」展  -


ショーウィンドウ

**全て牧野良幸の新作**

壁面・左より   「犬と横たわる女」、  「しゃがんで本を読む女」、  「姉妹」

 


----------------------------------1F------------------------------




会場風景


--------------------------------------------------------------------
-----

左:「赤いバッグを持つ女」

左:「椅子に座って読書する女」

右:「散歩」

左:「四人の女」

中:「花を持つ女と三人の女」

右:「茶色い壁の前に立つ女」

左:「読書」

右:「犬の頭をなぜる女」

左:「西瓜、くだものと女」

右:「花を持つ女と三人の女」

-----------------------------------------------------------

 

Pick Up - 2019年4月19日「ブラックの遺した宝石」展  -


ショーウィンドウ

本展覧会の作品はすべて、ジョルジュ・ブラックです

壁面・左より   [宝石]より「キルケ」、  [宝石]より「ゼーテースとカーライス」、  「マーグ画廊展覧会」(リトグラフポスター)



 


----------------------------------1F------------------------------




会場風景


--------------------------------------------------------------------
-----

 

左: [宝石]より 「キルケ」

中: [宝石]より 「アステリア」

右: [宝石]より 「イーカリオス」

 

 


左: 「ジョルジュ・ブラックに捧げる五篇の詩」

右: [宝石]より  「テュリエー」

 

 「青の大きな鳥」

-----------------------------------------------------------

 

Pick Up - 2019年4月中旬  常設展  -

gazou

ショーウィンドウ

壁面・左より   ル・コルビジェ 「小さな告白」より、   舟越桂 「影のある光」

 


----------------------------------1F------------------------------


gazou


会場風景


--------------------------------------------------------------------
-----

モロー 「オルフェ」

gazou

 

gazou


ミケランジェロ 「最後の審判」

上下とも:ピカソ 「暗がりの騎士」より

gazou

 

gazou

ル・コルビジェ 「二人の太った女」

舟越桂 「森の入口」

gazou

 

gazou

左:伊藤カイ (オブジェ)


右:トラフィック 「人生ゲーム」

菅井光 「水流 A」

gazou

 

 

 

-----------------------------------------------------------

 

企画展以外は、随時掛け替えを行っています。作品のお問い合わせはこちらまで

トップページへ戻る

Pick Up - 2019年2月下旬  What a Wonder World 世界はまるで摩訶フシギ  -


ショーウィンドウ

壁面・左より   マグリット 「(魅せられた領域)暗がりに潜む2羽の雉鳩」、   ダリ 「(ガラの晩餐)「隔世遺伝」



 


----------------------------------1F------------------------------




会場風景


--------------------------------------------------------------------
-----

モロー 「出 現」

 

 


クレー 「威嚇的な顔」

フォロン 「題不詳」

 


上 : 船越 桂 「ピノッキオ」より

 

 

下 : 船越 桂 「ピノッキオ」より

ルドン 「血の色をした蛹」

 

 

ラブルール 「昆虫学者」

清宮質文 「夕日と猫」

 

 

トリニャック 「遍歴の騎士」

 

-----------------------------------------------------------

 

Pick Up - 2019年1月下旬  どこから抽象?どこまで具象? 展 -


ショーウィンドウ

壁面・左より   ミロ 「カイエ・ダールのための作品」(上下とも)、  フォートリエ 「紫の上の掻き傷」、  アレシンスキー  「Tribord」

 


----------------------------------1F------------------------------




会場風景


--------------------------------------------------------------------
-----

左 : ベン・ニコルソン 「オリンピック・フラグメント」

右 : ポリアコフ 「コンポジション 青・黄・赤」

 

 


左上 : ヘンリー・ムーア 「オレンジの背景の黒い人物」

左下 : ヘンリー・ムーア 「二人の座る女性」


右上 : 池田満寿夫 「沼、習作」

下 : 清宮 質文 「旧い暦」

上 : 菅井汲 「赤 小」

 

 

 

下 : 菅井汲 「夏」

 


左 : 名和晃平 「Chip」

右 : 名和晃平 「Drawing 2」

左 : サム・フランシス 「無 題」

右 : エスティーヴ 「Agria」

 

 

左 : 浜口陽三 「190と1つ」

右 : 浜口陽三 「黒いさくらんぼ」

 

-----------------------------------------------------------

2018年以前の展示はコチラ

企画展以外は、随時掛け替えを行っています。作品のお問い合わせはこちらまで

トップページへ戻る