1921 北京に生まれる。生後6ヶ月のとき、上海に移る。

1935 杭州美術学校に入学。

1941 同校講師となり、初の作品展もこの年行う。

1948 パリへ移住、アカデミー・グラン・ショミエールに通う。

1949 ギャルリー・クルーズにてパリで初の個展。

1950 初の石版画集制作。

1951 ヨーロッパ各地を旅行。

1955 『ノクターン』制作。

1957 アメリカを旅行。同地の作家たちに影響を受ける。

1958 スーラージュとハワイ、日本を訪問。また香港で二度目の妻メイと出会う。

1962 『西洋の誘惑』のための石版画を制作。

1964 フランス市民権を取得。

1972 妻メイの死により、制作意欲を喪失。24年振りに祖国を訪れる。

1977 フランソワーズ・マルケと再婚。

1982 京都国立近代美術館にて回顧展。開会式に出席。

1985 母校の杭州美術大学で講義を行う。

1987 フジテレビギャラリーで近作の個展

1994 高松宮殿下記念世界文化賞受賞

     (過去にスーラージュ、タピエス、ジャスパー・ジョーンズなどが受賞)

 

■close